おせちを少しだけ作る

昔は沢山の量のおせちを作っていましたが、今は少しの量だけ作って、お正月に持って行っています。
MENU

ほんの少しだけ作って夫の実家に持っていく

私の実家はおせちがとにかく好きだったので、家でたくさんおせちを作っていました。しかし、結婚し夫の家族はおせちをあまり食べません。ですが、形だけでもということでおせちを買っていました。

 

最近は、一人前くらいのおせちも売っています。それでも残ってしまうのです。もったいないので残ったおせちは全部私が食べています。去年からは私がおせちを作って夫の実家に持っていくようにしています。私は子供の頃からおせちを作っているのでおせちを作るの自体慣れています。

 

夫の実家は親戚も少しとはいえ来るので、形だけでもおせちがある方がいいかな。と思い作っています。本当に重箱二段くらいに全部詰めることができるくらいの量を作っています。

 

たくさん食べないので一つ一つの料理の量よりも料理の数にこだわるようにしています。その方がおせち自体に飽きることなく食べることができると思ったからです。私が作ったおせちを持っていくと夫のお母さんはとても喜んでくれたのでよかったです。今年も作って持って行こうと思っています。

 

 

この方のように、ご主人のご親類の方のためにおせちを用意するという人も多いのではないでしょうか。おせちは好き嫌いは別にして、お正月の形式的なところもあります。そうなると、

 

おせちのひとつも作って持っていかないとというプレッシャーを感じる人もいるでしょうし、ある程度楽しんで用意する人もいるでしょう。そのあたりは人それぞれでしょうが、日本の伝統文化のひとつとしてのおせちの側面でもありますね。

 

このページの先頭へ